ブログ

DIARY

9月もあと僅か…近頃は朝晩と肌寒さを感じる時もあり、秋の深まりを実感しております。

朝の通勤時に、季節毎に変化する空を見るのが楽しみになっていますが、先日、久しぶりに雲ひとつない青空で快晴でした。

上空の湿度が関係しているようで、今の時期から冬の時期は空気が乾燥する為、上空の湿度も低くハッキリと空が青く、そして濃く見えるようです。

豆知識を知ることにより、秋から冬にかけての空もまた楽しみになりました。

 

さて、今回モデルルーム用に新築物件の一室へ家具を設置致しました。

実際、家具のない室内は広く見えますが、そこでの暮らしはイメージしづらく、家具があることで居住空間が演出でき、生活イメージを膨らませることが出来ます。

想像から現実へ近づけるモデルルームとなりました。

 

この様な家具を使って、来月には新築アパートで内覧会を行います。

詳しくは、また後日お知らせ致します。

 

アパート経営へご興味のある方【建設営業部】、賃貸のお問合せや入居希望等【管理部】は、

お気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

【建設営業部】E-mail:info@narutop.co.jp  【管理部】E-mail:kanri@narutop.co.jp  

 

【 広報部 岡】

 

投稿日:2019/09/27   投稿者:岡

こんにちは。管理部の高田です。

夜に窓を開けると、ヒンヤリした風が入ってきて朝晩ずいぶん涼しくなりました。


この時期になると、街中はハロウィンで賑わいはじめ、お菓子やグッズもハロウィン仕様になりますね!


100円ショップのグッズも多数あり、このクオリティと存在感で100円!と驚くばかりで、毎年進化している気がしています。


皆様も気軽に試してみてはいかがですか!

 

 

 

投稿日:2019/09/26   投稿者:-

今年の中秋の名月は、9月13日です。

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

今年は9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。今年は8月30日(新月の瞬間は19時37分)が太陰太陽暦の8月1日、9月13日が太陰太陽暦の8月15日となります。一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月のことを指します。今回は、9月14日13時33分に満月となります。

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。

また中秋の名月の翌日、9月14日は、満月が今年最も小さく見える日です。 今年の中秋の名月は、比較的遠くて小さい月ということになるわけですが、大きさや明るさの違いは、眺めていてもなかなかわかりません。同じ条件で写真に撮るとやっとわかる程度です。晴れていれば、今年もいつもと変わらず、美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。・・・国立天文台より

【広報 松隈】

投稿日:2019/09/09   投稿者:-