福海帆滿禮館~ふくみほまれかん~

【2019年12月25日】

福岡市南区高宮に建設中の『福海帆滿禮館(ふくみほまれかん)』の外観及び内部状況です。

 

S造3階建ての店舗用ビルで、西側の窓から明るい日差しが入り込んできます。

 

1月の入居開始まで細かな調整や外構工事などおこなって参ります。

 

どんなテナントさんに入居して頂けるか楽しみにしています!!

 

募集内容・入居希望等は、管理部までお気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル:092-883-1562

E-mail:kanri@narutop.co.jp

『福海帆滿禮館』新築特設サイト

 

アパート経営や不動産投資にご興味のある方や、土地の資産運用をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:info@narutop.co.jp

 

 

【広報部 岡】

高宮 テナント外観
高宮テナント-1
高宮テナント-2
高宮テナント-3
高宮テナント-4

【2019年11月21日】

西鉄高宮駅前、S造3階建て店舗用ビルは現在、プラスターボードを貼っている段階です。



【広報 松隈】

 

アリエス高宮Ⅱ 1121
アリエス高宮Ⅱ 1121
アリエス高宮Ⅱ 1121
アリエス高宮Ⅱ 1121

募集内容・入居希望等は、管理部までお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:kanri@narutop.co.jp


アパート経営へご興味のある方もお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:info@narutop.co.jp

【2019年11月06日】

西鉄高宮駅前、S造3階建てビルの様子は外壁に本塗装をする前に下塗り材(フィラー)を塗布している段階です。

フィラーは通常の下塗り剤にパテ機能を追加した下塗り塗料です。

外壁にシミ、ひび割れ、凹凸などができていて、中塗り・上塗りが困難な外壁の場合、外壁材の表面を平滑化する下塗りとして使用します。

室内は断熱材を充填している段階です。



【広報 松隈】

 

高宮Ⅱ1106
高宮Ⅱ1106

募集内容・入居希望等は、管理部までお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:kanri@narutop.co.jp


アパート経営へご興味のある方もお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:info@narutop.co.jp

【2019年10月23日】

S造3階建てビルの内部の様子ですが、現在ここまで出来ております。

壁が設けられ、次の工程へと向かっていきます。



【広報 松隈】

 

アリエス高宮Ⅱ1023
アリエス高宮Ⅱ1023

募集内容・入居希望等は、管理部までお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:kanri@narutop.co.jp


アパート経営へご興味のある方もお気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル:0120-7610-15

E-mail:info@narutop.co.jp

【2019年9月21日】

福岡市南区の一角に建設中のS造3階建てビルが上棟致しました。約2日で建物の全体像が見える状態になりました。現地は西鉄高宮駅から少し入ったところに位置し、店舗用としてこれから入居者を募集予定です。

成斗工務店は木造アパートを造るイメージをお持ちの方が多いと思いますが、他にもこのように鉄骨の建築物や、RC造のマンションも造っています!


【広報 松隈】

 

高宮Ⅱ 9.21-1
高宮Ⅱ 9.21-2
高宮Ⅱ 9.21-3
高宮Ⅱ 9.21-4

【2019年8月29日】

(仮称)アリエス高宮Ⅱの基礎工事状況です。
地中梁のコンクリート打設後、埋め戻しが完了しました。

建物の下にある基礎がしっかりしていればしているほど、上に建てられる建築物は揺れなどにも強くなります。
基礎工事しっかりと行なっていきます。

【広報 岡】

アリエス高宮2_7
アリエス高宮2_8
アリエス高宮2_9
アリエス高宮2_10
アリエス高宮2_11
アリエス高宮2_12

【2019年8月8日】

鉄筋工事が終わった段階で、次は第三者機関の検査が入ります。しっかりと図面通りに鉄筋が組まれているかチェックを受けます。この検査に合格するまでは、コンクリートを打設することが出来ません。(^^♪


【広報 松隈】

アリエス高宮2_5
アリエス高宮2_6

【2019年7月19日】

本日、福岡市南区の新築工事現場で通り芯・杭芯出しを行いました。図面通りに通り芯を出し、正確に杭芯を出します。

現場の地面に杭を打つ位置の目印を付ける作業で、目印に使うのは、30センチほどの鉄筋と目立つ赤色の幅広ビニールテープです。

鉄筋の頭にひもをくくりつけて、地面に打ち込みます。打ち込む位置を出すのに、トランシットという測量機器を使って、木のクイをカケヤで打ち込んで、水糸を張ります。最後にスプレーでマーキングして終了です。

いよいよ明日から杭工事が始まりますので、レポートしていきたいと思います(^^♪


【広報 松隈】

位置を決めて、鉄筋を打ち込みます!

アリエス高宮2_1

赤いテープで目印をつけます!

アリエス高宮2_2

トランシットで計測(^^♪

アリエス高宮2_3

1級建築士が図面でチェック!

アリエス高宮2_4