2020年 民法改正による知っておきたいポイント【その2】 | 福岡市周辺の不動産をお探しなら株式会社 成斗工務店にお任せ下さい。

株式会社成斗工務店
0120-7610-15
092-883-5501
092-883-1562
0296-45-8321

2020年 民法改正による知っておきたいポイント【その2】

前回の成斗工務店だよりに引き続き、今回も『民法改正法案』によるポイントを2点ご案内致します。

③建物一部不使用による賃料減額に関する改正

【改正前】 

建物の一部が入居者の過失によらないで滅失した時は、入居者は、滅失した部分の割合に応じて、賃料の減額を請求することができる

【改正後 

設備などが故障により一部不使用になった時に、それが入居者の過失によるものでなければ、使用できなくなった部分の割合に応じて、当然に賃料は減額される

「賃料の減額を請求できる」から「減額される」となることから不安が広がっているようですが、当然に減額されるのではなく、減額の割合や期間について協議し、結局話し合いが必要となることに変わりはありません。

エアコンや温水洗浄便座等の設備関係に故障・不具合が発生したときは、まずは「早急」に「丁寧」に対応することが必要となってきます。

      

④入居者の建物修繕に関する改正

もう1点民法に加わったのは、入居者の権利です。

入居者がオーナー様に修繕が必要である旨を通知し、オーナー様が相当の期間内に必要な修繕をしない時、あるいは急迫の事情がある時には、「入居者は目的物の修繕を行うことができる」とされました。

修繕の必要性、範囲、方法など、入居者による修繕が可能な範囲は、契約書の特約で明文化することが大事です。

今回の民法改正により、賃貸借契約書へ明文化するなどの対応が必要になると思われます。

設備故障などの御見積りをあらかじめご提示させて頂いたり、「早急」に対応する為に、修繕など事後報告が生じる可能性もあり、より一層連携が重要になってくるかと思われますので、どうぞ宜しくお願い致します。

また、ご不明な点、ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。