水廻り編

水道局より[水道代が高い][漏水の恐れ]
水を使用していない状況で、水道メーターのコマが動いていないか確認をお願いします。
もし動いていたら…下記を確認して下さい。
 ・蛇口から水漏れしていないか?
 ・トイレのタンク内で「ポタポタ」音がしていないか?
 ・便器内にいつまでも水が流れていないか?
異常が確認できたり、確認できず水道メーターのコマが回り続けていれば、弊社まで御連絡下さい。
トイレの水が止まらない
トイレタンク内に何か入っていませんか?
節水のためにペットボトルなどが入っていることがありますので御確認下さい。
また固形物(洗浄剤)などでも同様の原因になります。
タンク内に物を入れると、タンク内にあるゴム栓やチェーンなどの支障になるため、絶対にタンク内には物を入れないで下さい。
トイレが詰まった
ラバーカップで詰まりものを吸い上げ解消してみて下さい。
 ・便器の排水口いっぱいにラバーカップを押し付ける
 ・勢いよく手前に引いたり、押したりを繰り返す
トイレタンク付近水漏れ
ロータンクのフタはズレていませんか。手洗い管やホースのズレにより水漏れが起こります。
正しい位置に戻してご使用下さい。
温水洗浄便座のランプが点滅している
洗浄ランプの点滅は、使用上問題はありません。
温水洗浄便座のノズルが出ない、戻らない
汚れが詰まっている可能性がありますので、ノズル根元部分の清掃を行ってください。
清掃後、改善されない場合は、弊社までご連絡下さい。
漏水
【洗濯機】
まずはご入居者様で、すぐに階下の方を訪問して被害状況のご確認をお願い致します。
室内の壁や天井に被害などが予想されますので、必ず弊社まで御連絡下さい。
このような事故のために火災保険には必ず加入しましょう!
 ・継ぎ手と蛇口の接続が悪いと水漏れを起こす事がある。接続方法に問題が無いか確認
 ・排水ホースは外れないようにしっかり固定されているか
 ・蛇口との繋ぎ目はしっかり固定されているか
ご使用前に上記3点は、必ずご確認下さい。

【キッチン】
まずはご入居者様でキッチンのどの箇所から水漏れしているか確認して下さい。
主に排水管の付け根から逆流している場合が多く、排水管に詰まりが起こっている可能性があります。
 ・蓄積した油汚れ
 ・排水口への落下物
油汚れの場合は、流し台の上からパイプクリーナーや洗浄剤を使って詰まりを解消して下さい。
解消されない時や、落下物による詰まりの場合は、弊社までご連絡下さい。
排水管が詰まって流れない
排水口に油やゴミ、髪の毛などが蓄積し、溜まっている可能性があります。
排水口のフタを開け、出来る限りのゴミ、髪の毛など取り除いて清掃してください。
詰まってしまった後に排水洗浄剤を入れても効果は薄いと思われます。
定期的に清掃を心掛けて下さい。
ベランダの水捌けが悪い・雨水が溜まる
ベランダの隅に排水口がありませんか?
ベランダの排水口目皿は、ゴミや落ち葉、泥等が貯まりやすい所です。
ベランダ排水口がゴミによりふさがり詰まると、雨水が貯まって、室内に浸入したり階下に漏水事故などの可能性もありますので、排水口廻りは定期的に清掃をお願い致します。
水が出ない
【凍結】
気温が氷点下になる冬場などは、水道管内が凍結して水などが出なくなることもあります。
復旧方法は「自然解凍」「ドライヤーなどで管を暖める」「管にタオルなどを巻きぬるま湯をゆっくりかける」などです。
熱湯を直接かけたり、蛇口をひねったりされますと水道管破裂の恐れもありますので、おやめ下さい。
詳しくは福岡市水道局のホームページを御確認下さい。

【貯水槽】
タンクに異常がある可能性があります。メンテナンスへお伺いしますので、弊社までご連絡下さい。
復旧までしばらくお待ち下さい。
住まいのトラブル